亜鉛メッキセクションプロファイルを作成する方法

亜鉛メッキセクションプロファイル1

亜鉛メッキセクションプロファイルを作成する方法

今日の世界では、亜鉛メッキ鋼管はさまざまな屋外用途で使用されています。手すりや金網柵で使用されている可能性があります。耐久性があり、耐食性に優れているため、要素にさらされるあらゆる材料に最適です。亜鉛メッキパイプの製造方法は、かなり簡単なプロセスです。それがどのように作られ、どのような利点があるのかを見てみましょう。

亜鉛メッキ管の製造方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、亜鉛メッキ鋼が何でできているかを見てみましょう。表面がコーティングされていない鋼の一種です。このタイプの鋼管は、一般的にガス輸送に使用されます。亜鉛コーティングは施されていませんが、多くの用途に適したオプションです。亜鉛メッキ鋼管の主な欠点は、ステンレス鋼ほど長くは続かないことと、修理が簡単ではないことです。

亜鉛メッキ鋼管を製造する際の重要な要素は、鋼管を亜鉛液に熱浸するプロセスです。このプロセスは、1836年にフランスで最初に使用され、それ以来、鉄骨構造製品で使用されてきました。ただし、冷間圧延鋼のプロセスは、ここ数十年で大幅に発展しました。高電圧の伝送、輸送、および通信には、金属とそのコンポーネントに対してより高い基準が必要です。これらの用途には、手入れの行き届いたコーティングが不可欠です。

するいくつかのステップがあります 亜鉛メッキ鋼プロファイル。鋼を溶融亜鉛めっきする前に、圧延油と鉄の微粉を取り除きます。また、アニーリング温度に達するまでの時間を最小限に抑えるために、低温で予熱する必要があります。フルハード亜鉛メッキ鋼は、亜鉛が付着するためのきれいな表面と、パイプが強くて耐久性があることを保証することの間の微妙なバランスを必要とします。

亜鉛メッキパイプを製造するには、最初に鋼を華氏60〜65度の温度に加熱します。次に、それは亜鉛で覆われています。プロセスは、鋼の正確な測定値を知ることによって制御できます。完璧な仕上がりを実現するには、高品質の溶接棒が必要です。一般的に、高品質のパイプは隣接するパイプと同じ温度で製造されます。鋼が熱くなったら、取り付ける準備ができています。

溶融亜鉛めっきのプロセスは、亜鉛メッキパイプを製造するために使用されます。これは、酸化や腐食を防ぐために亜鉛を鋼に塗布するプロセスです。亜鉛メッキ鋼管の表面の酸化亜鉛はコンパクトで、錆や腐食に強いです。鋼管の亜鉛層は非常に耐久性があります。その厚く均一な亜鉛の層により、さまざまな産業で使用できます。

亜鉛の使用に加えて、このプロセスは環境にも有益です。それは鋼管を要素に対してより抵抗力のあるものにします。酸ベースの溶液から腐食する黒い鋼管とは異なり、ホットディップ 亜鉛めっき鋼 パイプは錆びにくいです。このプロセスは、鋼を腐食から保護します。金属パイプを使用している場合は、それが細くてもろくないことを確認してください。

鋼管を溶融亜鉛めっきするプロセスには、その表面に亜鉛層を追加することが含まれます。この亜鉛層は鋼に腐食保護を提供し、鉱物の堆積物がパイプを塞ぐのを防ぎます。給水に広く使用されていますが、足場フレームにも使用できます。一方、ブラックディップ亜鉛メッキパイプはシームレス鋼管です。ガス輸送やスプリンクラーシステムに適しています。その暗い色は、製造プロセス中に適用された酸化鉄の結果です。

このプロセスは、鋼を腐食から保護するために多くの業界で一般的に使用されています。コールドディップ亜鉛メッキパイプでは、亜鉛コーティングは非常に薄く、水および石炭ガスパイプにとって望ましい材料とは見なされていません。幸いなことに、他の種類があります 亜鉛メッキ鋼管 利用可能。あなたもあなたの地元の住宅改修センターでさまざまなサイズでこれらを見つけることができます。さまざまな用途向けに幅広いサイズを購入するのは非常に簡単です。

インストールする最も重要な理由 亜鉛メッキ鋼プロファイル さまざまな環境で何十年も続く可能性があるためです。亜鉛メッキパイプの寿命は、亜鉛コーティングの厚さと、それがパイプの内側に適用されるか外側に適用されるかによって異なります。上下水道の配管に最適な素材ですが、屋外での使用に最適です。パイプを選択するときは、その用途を考慮することが重要です。

エラー: コンテンツは保護されています!!
jaJapanese
WhatsAppチャット