ボブテールタンクの原材料とは何ですか?

LPG輸送タンク鋼グレード2

ボブテールタンクの原材料とは何ですか?

とは ボブテールタンク原料?この質問は、それらを構築する企業から頻繁に尋ねられます。答えはLPG、または液化石油ガスです。このガスは、製油所での原油の処理から得られます。ボブテールタンカーのタンクは5,000から24,000リットルの範囲です。それらは5から20立方メートルの容量を持っています。それらは一般的に軽量の高張力鋼でできています。

LPGは他の液体ガスよりも密度が低く、輸送コストが低くなります。プロパンタンクのメーカーは、鉄鋼のコスト上昇と戦ってきました。外国からの鉄鋼に25%の関税を追加することは、課題を増やすだけです。その結果、LPG価格はさらに上昇します。また、値上げが不十分な場合、需要を満たすために、より高価な原材料の輸入を検討する必要があるメーカーもあります。

LPGは、他の液体ガスに代わる安価で軽量な代替品です。しかし、鉄鋼の需要は国内供給を上回っています。輸入鋼の新しい関税により、製造業者は原材料に対してより多くの費用を支払うようになり、コストが増加します。しかし、現状では、LPGの需要は依然として伸びています。それで、この問題の解決策は何ですか?この記事では、業界の最新の動向と、LPGがプロパンタンク業界にどのように役立つかについて説明します。

米国では、最近のトルコとの貿易戦争により、鉄鋼価格が大幅に上昇しました。これにより、プロパン業界の設備製造コストが上昇し、一部の企業はすでに値上げを発表しています。一方、メキシコでは、鉄鋼の供給も国内供給を上回っています。その結果、製造業者は、より高い原材料コストを補うために料金を引き上げる可能性があります。その結果、LPGや他の同様の液体ガスの燃料の価格が上昇しています。

ボブテールタンクの原料はLPGです。これは他の液体ガスよりも軽いため、輸送コストが高くなります。また、LPGは輸送にも適しています。また、他の液体ガスよりも軽いため、LPGは手間をかけずに遠隔地に配送できます。また、LPGはガソリンよりも経済的な代替手段であるため、商用車に最適です。

ボブテールタンク原料

LPGは他の液体ガスに比べて軽量です。これは、輸送と保管のコストを削減できるため、多くの企業にとって大きなメリットです。 LPGの燃料も輸入が安い。 LPGの燃料は他の液体ガスよりも密度が低いため、より効率的に輸送できます。そして、プロセスは簡単です。その後、燃料は1本のホースでトラックに移送されます。

の原料 ボブテールタンク 鋼です。これらのタンクの建設に使用される金属は、主に輸入されています。これらの資料はさまざまな国から供給されています。タンクに使用される鋼は、他の金属で作られた鋼管と同じではありません。また、鋼の場合、それ自体が原材料ではありません。ハリケーンの間、大きな圧力に耐え、極端な気象条件に耐えることが可能です。

LPGは、他の液体ガスよりも密度が低く、輸送が容易です。その結果、LPGタンカーメーカーは輸送コストを節約できます。タンク内の燃料は他の液体ガスよりも単位重量が軽いため、これらの燃料タンクの価格は、同じ材料を工場から顧客に輸送するコストよりもはるかに低くなっています。これとは別に、LPGもより効率的です。

鋼の価格、LPGはまたのための原料です ボブテールタンク。 LPGは他の液体ガスよりも軽量で、輸送費も安くなります。さらに、LPGの輸送は、ガソリンやその他の液体よりも安価です。他の液体ガスよりも軽いため、輸送コストが低くなります。また、他の燃料よりも寿命が長くなります。保管が簡単で、リードタイムが短くなります。

エラー: コンテンツは保護されています!!
jaJapanese
WhatsAppチャット